監視カメラと防犯カメラ

防犯カメラというは、その名が表す通り犯罪を防ぐことがメインとなります。監視する目的の監視カメラは目立たないように設置しているのが基本ですが、防犯カメラは故意に目立たたせることで犯罪の抑止に一役を買っています。確かに何か悪いことをしようとしてもカメラが動いていたら、心理的にカメラを避けることになるでしょう。犯罪者にとってはプレッシャーになることが間違いありません。

街中を歩いてると目に付くところにあるカメラは全て防犯カメラといっても過言ではありません。犯罪を防止するなら、記録は出来ないダミーカメラでも設置するだけで犯罪を防ぐ効果が高まります。
防犯カメラには録画ができるタイプが標準ですので、問題が起きた時の証拠能力として十分な活用ができます。目立つところに設置することが重要で、自宅に設置することで空き巣被害を防ぐことができるでしょう。コンビニやスーパーなどの小売店では万引き防止にも大活躍しています。

空き巣や万引きは衝動的に犯罪を犯している人も見受けられますが、そういう人でも下見をしている可能性が高いといえます。やはり誰しもが防犯カメラを設置しているところで犯罪を犯そうなんて思わないでしょう。また、防犯カメラは目立たせる位置に設置していることから、監視カメラよりも大きいために画像の鮮明さでは証拠能力で大きな力を発揮できます。

 

 

 

監視カメラの活躍ポイント

これだけ見ると防犯カメラの方が強力なイメージになりますが、監視カメラはどのように活躍するでしょうか。監視カメラは防犯カメラと違い目立たせる必要はなく、人に見つからないように監視するために存在しています。これは防犯カメラだけでは確実に犯罪を防げないことからきています。防犯カメラはカメラの行き届かない死角部分では分かりません。要は死角となるポイントを抑えておけばカメラに記録されないということです。

銀行やコンビニに設置されているATMでの不正にお金を下そうしている場合に、防犯カメラでは帽子などを深く被られると顔の認識までができません。しかし、ATMには機械正面に監視カメラが設置されており、四六時中記録されています。機械を見ていてもどこにカメラがあるかは分かりません。ATMから不正に現金を引き出した監視カメラに気付いていない犯罪者の顔写真が公開されていることがあります。監視カメラは防犯カメラやダミーカメラと組み合わせると、より高い効果を発揮することができます。

監視カメラのポイントは使用目的です。駐車場では決まって夜遅い時間や明け方前に犯罪が行われます。そのような場所に設置すれば、犯罪防止に役立つでしょう。
また、企業などではこうしたカメラを利用して商品の売れ行きや、お客さまの導線をチェックしたり客層などを再確認することが出来ます。犯罪防止だけでなく、企業の販売戦略にも役立っています。

関連リンク>防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー