監視カメラについて

現代社会ではさまざまな目的で監視カメラが活躍しています。プライバシーの侵害と紙一重になるところですが、物騒な事件が多くある今日ではやはり監視カメラの存在が犯罪者の逮捕につながることが多くあります。監視というだけあって、記録ができるので証拠能力があるのが特徴です。最近ではどんどん小型化が進み、音声だけでなく映像まで保存できるのでスパイ映画に登場してくるようなものまで販売されているのです。もちろん持ち運びしていると、盗撮と同じ扱いにされてしまうので、その用途は基本的には監視が必要な場所に限られるでしょう。

イメージがしやすいのはNシステムでしょう。よくドラマなどにもたびたび名前が登場し、ニュースなどにも出てきますが、道路上を通過する自動車のナンバープレートを検出し、データを抽出するシステムのことをいいます。コンビニやマンションのエントランスなどでも監視カメラが設置されています。ダミーカメラや防犯カメラで威嚇しながら、見えない位置に配置した監視カメラで記録するという手法がとられています。ただし、多くの人が監視されることになるので、プライバシーや肖像権の侵害に当たるという問題があります。

監視カメラと同じようなイメージで防犯カメラがありますが、監視カメラとは根本的に役割が違います。防犯カメラも動画や静止画を撮影し、記録を残すためにありますが、何が違うのか、防犯カメラと監視カメラの違いについて次に説明していきます。